マイホーム発電

家の電気はガスでつくろう。

ガスで電気を作り、
その排熱でお湯を作る。

自家発電の仕組み

自家発電の仕組み
ガスで発電すると同時に、その排熱を給湯や暖房などに有効に活用します。ムダがないから、光熱費を抑えることができる
経済性に優れたシステムです。
マイホーム発電で、地球と家計にやさしい暮らしを始めませんか。
自家発電の仕組み

エネファームの仕組み

エネファームは天然ガスから電気とお湯をつくる家庭用燃料電池コージェネレーションシステムです。 1日の発電量は0.2kWから0.75kW、発電時に出る熱を利用してお湯をつくり、家で使う電気の約46%、お湯は必要量の大半をエネファームでまかなえます。

●エネファームのしくみ
エネファームの仕組み
○発電のしくみ
発電のメカニズムは「水の電気分解」の応用です。水に電気を通すと水素と酸素に分解できますが、 エネファームは逆に水素と酸素を化学反応させて電気をつくります。 また、そのとき発生した熱で貯湯タンクの水を加熱してお湯をつくるので、エネルギーをムダなく使えます。
エネファームは水素と酸素を化学反応させて電気をつくります

エコウィルの仕組み

エコウィルはガスエンジンで発電し、お湯も同時につくる高効率的なマイホーム発電です。 発電ユニットで電気をつくり、さらにその時に出る熱を利用してお湯をつくり、 給湯は暖房に利用します。効率的な家庭用コージェネレーションシステムで、快適に生活しながら地球環境にも貢献します。

新開発EXlinkエンジンでさらに効率アップ

※EXlinkは本田技研工業(株)の登録商品です。